電話代行とは?

近年企業の間で利用されることが多い電話代行。
電話代行とはどのような仕事をする物なのかをご説明します。

電話代行とは、企業主に変わって電話業務を代行する、引き受ける業者の事で、依頼主に変わって電話業務を代行する、サポート的企業です。
依頼主が外で営業を行うことが多いという場合や、営業に出ている物が多く電話対応まで手を回すことが出来ないという企業向けのサービスで、電話代行業者=会社の事務員の一種として、認知度が高まっています。

電話代行業者が居ることで常に電話に出ることが出来る人員を確保することが出来るのが最大のメリットで、信頼感を相手先企業や顧客に与えることが出来るのが、電話代行業者のメリットと言えるでしょう。

電話代行業者が行うサービスは大きく分けて二つです。
一つは、事務所不在の際に代わりに依頼主、依頼会社の元にかかってきた電話応対をしてもらう、電話代行サービス。
こちらが電話代行業者のメイン業務となるのですが、もう一つ、問い合わせや求人など、限定的な業務を電話でこなす、受注代行業務と呼ばれるサービスがあります。
電話番号が別口に設けられている為、その業務に関してはほぼ委託されていると言っても過言ではないサービスと言われています。

これら二つの電話に関する業務を代行してくれるのが、電話代行会社の特徴です。
利用料金を支払うことで誰でも利用することが出来ますので、企業だけではなく、個人経営主や自営業主などにも重宝されているシステムです。



~特選外部サイト~
秘書による電話代行のサービスを提供している業者です > 電話代行 秘書

Copyright © 2014 電話代行の仕組み All Rights Reserved.